アガリ症の方必見! 受験時の緊張をやわらげてくれる「○○○」の話

こんにちは、1級 色彩コーディネーターのイシカワです。

1年間にたった2回しか実施されない色彩検定(1級は年に1回!)。

アガリ症でなくとも 試験当日、緊張して頭が回らなかったらどうしよう・・・と心配な方も多いのでは?

実をいうと、当ブログ管理人のわたしも仕事上の大事な打ち合わせなどが近づくと、2・3日前から 胸がフワフワして、手の指先がちょっとしびれてしまう・・・そんな「緊張しい」の一人です(昔はそんなこともなかったのですが)

001

そこで当ブログでは以前から、同様の症状に悩む独学受験生の皆様に 緊張をほぐしてくれる服の色のお話などを紹介してきましたが、今回はもっと具体的な処方をご紹介します。

鎮静薬って知ってますか?

今回この記事でとりあげるもの、それはズバリ 緊張の緩和をサポートしてくれる「沈静薬」です!

はじめて耳にする方も多いかもしれませんが、その名のとおり 飲むと緊張をやわらげてくれるお薬です。そういうものが世の中には存在するんですね。

002

私はこれらを「緊張やわらげ系」と呼んで、たま~に(年に1,2回程度)利用させてもらっています。

「薬」というと、ちょっと構えちゃう方もいるかもしれませんが この記事でご紹介するのは 基本的に植物性成分の生薬を用いたいわゆる「漢方系」で、医師などの処方が必要なく、近所のドラッグストアで手に入るレベルのものばかりですので、ご安心を。

もちろんこうしたものに頼らなくて済むのであれば、それに越したことはありませんが 意地を張って試験当日緊張に飲まれてしまっては元も子もありません。

お守りと思ってポケットにしのばせるだけでも だいぶ気持ちは違いますので、「世の中にはこういうものもあるんだ」という雑学的知識として頭の片隅に入れておいてはいかがでしょうか?

緊張やわらげ系鎮静薬の種類

緊張やわらげ系鎮静薬は、何種類か販売されていますが、なかでも以下の3つが有名です。

アロパノール(全薬工業)

【第2類医薬品】アロパノール内服液 30mL×3
【第2類医薬品】アロパノール内服液 30mL×3

風邪薬の「ジキニン」や、水虫薬「コザック」などでお馴染みの全薬工業から発売されています。

アロパノールには錠剤、顆粒、液状と3つのタイプがありますが、受験時に利用するのであれば、試験会場などでも服用しやすい「液体タイプ」がおすすめです。

内服液なので体に浸透しやすく、即効性があります。眠くなる成分なども入っていません。

drag_004

管理人も大事な会議の際などに 実際に服用しており この中では一番のおすすめです。

パンセダン(佐藤製薬)

【第2類医薬品】パンセダン 24錠
【第2類医薬品】パンセダン 24錠

象のキャラクター「サトちゃん」でお馴染みの佐藤製薬から発売されている鎮静薬。

drag_006

1回2錠(1日2回)を服用します。小粒な錠剤なので、そのままでも飲めると思いますが、管理人的にはちょっとお水が必要かな~という感じ。

イララック(小林製薬)

【第2類医薬品】イララック 20カプセル
【第2類医薬品】イララック 20カプセル

洗眼薬「アイボン」や、筋肉痛用「アンメルツ」などで有名な(あっ!)小林製薬から発売されている鎮静薬。

drag_002

1回2カプセル(1日2回)を服用します。服用時には水かお湯が必要になるので、試験会場で飲む際にはペットボトルなどを持参しましょう。

※絶対に異なる鎮静薬を一緒に飲まないでください! 例えば「アロパノールとイララックを一緒に飲む」というような行為は危険な副作用を起こす可能性がありますので、ご注意ください。

気になる効果は?

まず はじめに断言しておきますが、どの商品も「うわっ、すごい!」と驚くほどの効果はありません。

「緊張が緩和される薬」と聞くと、飲んだ途端にスッと緊張感が無くなるような状態を想像してしまいますが、そこまでではありません。

効果はもちろん人それぞれですので、あくまで私の個人的な感想として言わせてもらうと「あれ?ちょっと治まったかな?」というくらいのものです。

冬に 半そでTシャツから、長そでTシャツに着替えたくらいの違い、とでも言ったらよいか・・・「まあ、さっきよりはマシかな?」というそのくらいの感じですね。

003

そんなのプラシーボ効果じゃないの?

こういう話をすると、私の友人などのように「それってプラシーボ効果でしょ?」という方もいるのですが、それは もしかするとそうかもしれません(笑)。

ただ、わたしは「プラシーボでも効けばOK!」派なので、それならそれでよし と割り切って服用しています。

実際に飲まないまでも、ポケットに入れておいて「イザって時はこいつを飲めばいいんだし・・・」と考えると、すっと心が軽くなります。

私にとっては 大事な会議の際などの「心のお守り」のようなものとして利用しています。

服用時の注意点と副作用について

いずれも漢方系、植物性 成分のものですから、重篤な副作用を引き起こすような可能性は低いと考えてよいかと思います。

ただし、まったくゼロというわけではなく、体質&体調などによっては「発心やかゆみ」「吐き気」「食欲不振」などが伴う場合があるようです。

服用にあたっては、各商品の注意書きなどにしっかり目を通しておきましょう。また現在お医者さんにかかっている人や、妊娠中の方、アレルギー体質の方は、医師や薬局などに相談してから服用するようにしましょう。

やめられなくなるのでは?

また「飲んだらその後 依存性・習慣性が高くなるのでは?」「やめられなくなるのでは?」と気になる方もいるかと思いますが、そちらに関してもそれほどナーバスになる必要はないかと思います。

というのも上で書いているとおり、そんなに強くは効きませんので(笑)。

実際、私も年に1~2回程度、アロパノールを服用していますが 特に依存性・習慣性が強くなったりはしていません。

眠くなる成分入りは避けよう!

鎮静薬のひとつに、日本臓器製薬(すごい会社名!)から発売されている「アガラン錠」というのがありますが、こちらは、眠気などを引き起こす成分が含まれています。

色彩検定などの試験時の服用には向きませんので、やめておきましょう。

【第2類医薬品】アガラン錠 18錠
【第2類医薬品】アガラン錠 18錠

服用する期間/時間は?

服用後どのくらいで効果が感じられるのでしょうか?

結論からいうと「個人の体質によって異なるのではっきりとは言えない」というお話になってしまうのですが 「そんなこと言われても・・・」という方も多いと思いますので、わたしが以前ドラッグストアの薬剤師さんに聞いた例(※アロパノールの場合)を紹介しておきます。

  • 人によっては服用後2時間程度で効いてくる方もいる

  • ただ実際には 2~3日程度服用を続けて効果が出てくる方が多いのではないか?

つまり、ピンポイントでも効くけど、ちょっと長めに服用してみたら・・・というニュアンスでしたね。

自分がどのタイプかは、まずは実際に服用してみるのが一番と思います。
試験前の早い時期に一度試しに服用してみましょう。

ちなみに 私個人は、大事な会議などの2時間前を目安に「アロパノール内服液」を飲むようにしています。

また、長く飲めばいいというわけでもありませんので、その点はご注意を。
ちなみに、各鎮静薬の注意書きでは以下のように連続服用期間を制限しています。

・イララック、パンセダン・・・5~6日間 服用して効果が出ない場合は服用を中止する

・アロパノール・・・1ヶ月程度 服用して効果が出ない場合は服用を中止する

管理人のおすすめ!

管理人のおすすめはアロパノールの内服液(ドリンクタイプ)です。

drag_007

上の方でも書きましたが、アロパノール自体は20年近くまえから売られている定番商品で、錠剤タイプ、顆粒タイプ、液体タイプの3種類が有ります(※どのタイプも効能に違いはありません)。

私が液体タイプをおすすめする理由は、以下の2点です。

(1) 水がなくても服用が可能なため試験会場でも利用できる

(2) 液体ということで 錠剤タイプよりも体に浸透しやすい(即効性がある)

管理人の色彩検定受験体験記の記事でも書きましたが、試験会場の場所によってお水などがすぐに手に入らないこともあります。

そうした可能性を考慮すると ドリンク版「アロパノール」がおすすめです。

※長く飲む場合は 顆粒タイプが価格的におすすめです(ドリンクは結構高いので)。

また鎮静薬に抵抗がある方には、以下のようなサプリメントもおすすめです。

リラックスの素 30日分
リラックスの素 30日分

どこで買えるの?

近所の薬局やドラッグストアで購入できますし、またアマゾンなどのネット通販でも購入が可能です(コンビニでは入手できません)。

ただし、私の自宅近所や勤め先の近隣のドラッグストアでは、買いに行っても売っていないケースが結構あります。

というのも、それほど売れるものではないので 胃腸薬のように普段から豊富に扱いがあるようなものではないんですね。

1~3月の受験シーズンには比較的多くのお店で見かけますが、それ以外の時期はそもそも店頭にない場合もよくありますのでご注意ください。

確実に手に入れたい方は、ネット通販を利用するのがおすすめです。


色彩検定、試験当日の独学受験生の皆さんの検討をお祈りいたします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です