色彩検定で新配色カード199a以外のカラーカードは流用できるのか?

“新配色カード199a”以外にも・・・

色彩検定の学習にあたっては「”新配色カード199a”というのを併用してくださいね」という事になっています。

各級の公式テキストも新配色カード199aを利用する事で理解が深まるような構成になっていますし、1級2次試験の実技には欠かせないマストアイテムだったりします。

カラーカードについて」にも書いているとおり、当サイト的には「2.3級までに関してはお金に余裕があったらでいいのではないでしょうか」な立場なのですが、モチベーションを高めるためにも1個2個そろえておいて損はないと思いますね。それほど高いものでもないし・・・

で、この色票・色見本と呼ばれているものは DICやPANTONEなど世の中にたくさんの種類があります。
色彩検定はPCCSというカラーシステムに準拠して学習&出題がなされるためこのPCCSに対応したカラーカードでないといけません。

DIC PANTONE PCCS
DIC カラーガイドPART2 4巻・5巻・6巻 第4版 PANTONE フォーミュラガイド/3冊組(コート紙、上質紙、マットコート紙)GP1202 新配色カード199a

で、このPCCSのカード(配色カード)を出しているのが日本色研事業という会社なので色彩検定用にカラーカードを用意するなら、まず第1ポイントとして「日本色研事業が発売しているもの」である必要があります。

ただ、実は、日本色研事業から出ているPCCS配色カードにもいくつか種類がありまして、日本色研事業のサイトをざっと眺めただけでも「新配色カード199」「新配色カード129」「配色カード158」「配色カード104」など数種類が出ていますね。

で、基本的にどう違うかというと…

・199.158.104などの数字は、収録された色の数

・a.b.cなど、数字の後のアルファベットはカードの大きさ

ということになっています。

199a以外のカードを流用する事は可能なのか?

で、色彩検定は「新配色カード199aを使用してね」とアナウンスしているので、新規に購入しようと考えている人はそちらを揃えればなんの問題もないわけですが、ただ、今回この記事で考えてみたいのは、「199a以外のカードを学習に流用する事は可能なのか?」ってところ。

独学生のみなさんの中には、例えば学校の授業で使ったとかそういう理由から「配色カード158を持っているんだが、それを検定に流用できないもんか?」と考えている方もいるんじゃないかと思うわけです。 できるだけ出費は抑えたい…その気持ちはよくわかりますね。

[配色カード158a] [配色カード104a] [新配色カード199a]検定で使用可能なのはコレ
配色カード158a 配色カード104a 新配色カード199a

で、結論から書きますと「新配色カード199a」以外のカードの流用は不可です(あっさり)。

もちろん、モチベーション目的であればどれでも構いませんが…

これは「配色カード158」に限らず「104」「129」でも一緒です。下記のリンクは、PCCSの配色カードを販売している日本色研事業さんのサイトで、各カードの内容を比較したページですので各自参考にしてみてください。

■ 配色カード、プランニングカラー(いろがみ)の種類と構成|日本色研事業株式会社サイト

ただ、管理人は上記リンクの表を見てもイマイチ違いがわからなかったので、直接、日本色研事業さんにメールで質問をしてみたところ下記のようなお返事いただきました。

「配色カード199と配色カード158の相違点」に関して

新配色カード199

  • 色彩検定協会が検定用として採用しています
  • ピンク、ブラウン、オフニュートラル、フレッシュ(肌色)などのPCCS以外の色系統も含まれます
  • p、ltトーンが「+」つきのもの(彩度が3s)です
  • 無彩色が17段階
  • 表面:つや消し

配色カード158

  • s(ストロング)を除くトーンの代表色がそろっています
  • p、ltトーンは「+」がつかないもの(彩度が2s)です
  • 無彩色が9段階
  • 彩度段階(5段階)の色紙が入っています
  • 表面:つやあり

「無彩色の段階」と「p. ltトーンが+付きか否か」っていうのは大きい違いですね。

また、a.b.c などの大きさの違いに関しては「2.3級までであればどれでも構わないが、1級はaサイズが必須」だと思います。 
1級2次では実際に「199a」を手にして作業を行いますので、手に持った感触・感覚はつねに本番と同じにしておきたいものですね。
はさみで切る際の扱いも違ってくるでしょうし。

ということで、結論としましては「あれこれ考えるよりおとなしく新配色カード199aを購入すべし」ということのようです。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です