色彩検定の公式テキストが2019年12月に改定される件

色彩検定協会によると、2019年12月に 色彩検定 公式テキスト(1.2.3級)の改定が行われる予定、とのことです。

お知らせ|公式テキスト改訂について|色彩検定協会/カラーコーディネーター

色彩検定とは色に関する幅広い知識や技能を問う検定試験です。1994年には文部省の認定をうけ、名称も「文部省認定ファッションコーディネート色彩能力検定」と変更して現在に至っています

発表内容をそのまま引用すると、以下の通り。

色彩検定 公式テキスト3級、2級、1級の改訂版が2019年12月に発行予定です。
これにともない、2020年からは改訂版テキストに準拠した試験内容になりますが、3級・2級は2020年夏期検定まで現テキストで対応可能です。/公式サイトより引用

前回の改定は2009年だったので、約10年ぶりのテキスト改定ということになります。UC級の改定はありません。

色彩検定:公式テキストの改定について

2015.04.06

受験生はどう対応したらいいの?

この発表をうけて、これから受験を考えている受験生はどのように対応したらよいのでしょうか?

結論から言いますと 2019年中の受験に関しては 現状のテキストとそれに対応した問題集で学習して特に問題はありません。

2.3級の受験を考えている場合

まず現状の公式テキストを確認しておきましょう。

現状の3級テキスト
現状の2級テキスト

以下に開催される試験までは↑こちらの公式テキストとそれに対応した問題集で受験が可能です。

  • 2019年 夏期検定(6月実施)
  • 2019年 冬期検定(11月実施)
  • 2020年 夏期検定(6月実施)

2019年12月以降に テキストを購入する場合は、新テキストを入手するようにしましょう。

1級の受験を考えている場合

1級の場合、年に1回しか実施されないこともあり 2.3級のような経過措置はとられない模様です。

現状の1級テキスト

以下の検定までは↑こちらの公式テキストとそれに対応した問題集でで受験が可能です。

  • 2019年 冬期検定(11月実施)

2019年12月以降に テキストを購入する場合は、新テキストを入手するようにしましょう。

改定の詳細が判明次第、また記事にしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です