色彩検定の受験にかかるコストは? 管理人の受験費用総額を大公開!

こんにちは 1級 色彩コーディネーターのイシカワです。

色彩検定の受検にかかる費用はどのくらいでしょうか? みなさん気になるところだと思います。

この記事では参考として、わたしが1級合格までに要した費用を紹介します。

受験にかかる費用はどれくらい?

受験料さえ払えば それで合格できるほど色彩検定は甘くありません。

以下の表は、わたしが色彩検定の1級合格までに実際にかかった費用の合計です。

2級受験時の費用

cost_02_2015

※3級は飛び級しましたがテキストや問題集は3級のものも購入しました。

1級受験時の費用

cost_01_2015

1級と2級の費用を合計すると「4万9054円」かかったことになります。

・受験の概要:夏季試験で飛び級で2級合格。つづく冬季試験で1級合格。・問題集:(3級問題集)『わかる!色彩検定3級ポイントレッスン(新星出版社)』/(2級問題集)『わかる!色彩検定問題集2級―完全な解説付(新星出版社)』/(1級1次問題集)『色彩検定1級合格テキスト問題集(DAI‐X出版)』/(1級2次問題集)『色彩検定1級2次模擬テスト集(ファッション教育社)』

未来の自分に投資する!

「結構 かかるなあ・・・」というのが正直な感想ではないでしょうか?

わたしの場合は、幸いにも1級までストレートで合格することができましたが、残念な結果に終わった場合は、さらにプラスの費用がかかってきます。

もちろん わたしも、受験前に この費用を計算してかなり迷いました。

別に、わたしは高給取りではありません・・・っていうか貧乏な部類です。

5万円といったら「この金があったら大好きなプリンが何個食べれる!?」っていうそういうレベルのお話です。

しかし、この金額を「自分の未来への投資」と捉えなおしてみると 実は5万円でも安いはずです。

色彩検定のメリットは?」のページにも書きましたが、このご時勢では自分の就職した会社が10年後も潰れずにある保証などどこにもありません。

色彩検定のメリットは?合格証が社会で役立つ3つの理由!

2015.04.06

不意の転職や独立に見舞われたとき、自分にはなにか武器があるだろうか?

今、このお金で 自分の未来を買い取るんだと思えば、5万円という金額は決して高額ではないと思います。

【2017年追記】受験から8年近くが経過しましたが、この時の判断は間違っていなかったと あらためて実感しています。 実際、この時支払った5万円のおかげで その数十倍のお金を稼げるようになりました。 色彩検定でなくてもよいと思いますが「自分の未来のためにお金を投資する」という行為は絶対に必要だと思います。

独学は通信講座よりもお得?

そして、独学受験者が気になるのは”色彩検定講座”などを実施している「スクールや通信講座」と「独学受験」とでは、金銭面においてどの程度の違いがあるのか?っていうところだと思います。

色彩検定の場合、受験料も結構な金額なので独学にこだわって2浪・3浪(?)するよりは、スクール系にお金をかけてみるっていう考え方も当然あります(参考:独学でも大丈夫?)。

つまり、人によってはトータル的に考えて、通信講座などを受講した方が安くあがる可能性もあるわけです。

本サイトは基本的に「独学受験案内サイト」ですので、スクール系の情報に関しては基本的に掲載をしませんが、気になる方は資料などを取り寄せてみるのもいいと思います。

基本的に資料の請求だけなら無料ですし「講座の具体的な学習内容」や「総合的な金額」というのは、独学をする上での貴重な参考資料にもなります。

色彩検定対応の通信 & 通学講座


種類:通信講座
備考:こちらはヒューマンアカデミーの「通信講座」。DVD講義なので空いた時間に学習が可能! 2.3級に対応しています。


種類:通信講座
備考:こちらはフォーサイトの「通信講座」。リーズナブルな価格が魅力で、2.3級に対応しています。




種類:通信講座
備考:テレビでもおなじみの通信講座のユーキャンです。(注意:ユーキャンの講座は 色彩検定の講座ではなく(社)日本パーソナルカラリスト協会が主催する パーソナルカラリスト検定2・3級への対応となります。関連情報として掲載いたします。


種類:通学講座
備考:ご存知、全国展開するスクール大手。大手ゆえの安心感が魅力。2級、1級、1級2次直前対策講座あり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です