色彩検定・独学受験にお薦めの2.3級問題集&参考書【2017年版】

こんにちは、1級 色彩コーディネーターのイシカワです。

このページでは色彩検定の独学受験者の皆さんにおすすめの参考書・問題集(2.3級)を紹介しています。

※1級のおすすめ問題集に関しては「色彩検定:独学受験におすすめの問題集&参考書(1級)」のページをご覧ください。

※古書を購入される方へ・・・色彩検定の公式テキストは過去に何度か改定が行われており、各問題集もその改定に合わせて内容が変更されています。そのため、古書で問題集を購入した場合、現在の試験範囲と異なる内容が記載されている場合がありますので ご注意ください(この記事で紹介しているものは全て最新の公式テキストに対応している書籍になります)。 詳しくは「テキストの改訂について」のページを参照してください。

3級のおすすめ

受験必須アイテム(2.3級)」のページにも書いたように、2級までであれば正直、どれを選んでも内容・わかりやすさなどに大きな違いはありません。

つまり「どの問題集もそれなりにできている」ということです。

「そんな事いっても・・・」っていう方には、以下のテキストをおすすめしています。

種類:公式テキスト
おすすめ度:★★★★★
管理人感想:なには無くとも公式テキストは必須!3級は初学者にとって興味を持ちやすい内容になっているので、楽しみながら読み進めることができると思います。

amazonで購入する

種類:問題集
おすすめ度:★★★★★
管理人感想:管理人はコレで合格! 2.3級一括の問題集ということで、コストパフォーマンスに優れた一冊。お金のない独学受験生にはうれしい仕様で、無茶苦茶ボリューミーです。ただ、電車の中で開くにはちょっと重たいか? これ1冊で十分だとは思いますが、不安な人は 同社から出ている参考書(ポイントレッスン)も合わせて購入してみましょう。

amazonで購入する
楽天で購入する

種類:問題集
おすすめ度:★★★★
管理人感想:毎回、試験当日に解答速報を発表しているカラボ色大学による問題集。短期間での合格に向けたポイント学習がテーマで、1日1分野7日間で合格レベルまでの知識取得を目指しています。

amazonで購入する
楽天で購入する

種類:問題集
おすすめ度:★★★★
管理人感想:学研の問題集は毎年「○○年度版」と銘打った問題集を出していて「現在の年 +1」で表記しています(例:2017年3月に出版されたのが「2018年度版」になります)。

amazonで購入する
楽天で購入する

種類:問題集
おすすめ度:★★★
管理人感想:解説にページが割かれている分、問題集としてはちょっと物足りないかもしれません。問題量至上主義の管理人は辛い点数をつけていますが(笑)、実際、見やすくまとまっており、ネットでの評判も上々なので一度「アマゾンの中身検索」で内容を確認してみましょう。別冊暗記ブック付きなのもうれしいですね。

amazonで購入する
楽天で購入する

2級のおすすめ

種類:公式テキスト
おすすめ度:★★★★★
管理人感想:2級に比べて内容・記述ともに難易度が増します。読んだだけでは理解できない部分が多く出てきますから、解説付きの問題集と併用しましょう! マストアイテム!!

amazonで購入する

種類:問題集
おすすめ度:★★★★★
管理人感想:管理人はコレで合格! 2.3級一括の問題集ということで、コストパフォーマンスに優れた一冊。お金のない独学受験生にはうれしい仕様で、無茶苦茶ボリューミーです。 ただ、電車の中で開くにはちょっと重たいか? これ1冊で十分だとは思いますが、不安な人は同社から出ている参考書(ポイントレッスン)も合わせて購入してみましょう。

amazonで購入する
楽天で購入する

種類:問題集
おすすめ度:★★★★
管理人感想:分かりやすさで定評がある学研の色彩検定対策シリーズ最新版! 待望の学研の2級問題集出ました! 問題量を重視するならコチラの問題集ですね。3級と同様に学研は毎年「○○年度版」と銘打った問題集を出していて「現在の年 +1」で表記しています。(例:2017年3月に出版されたのが「2018年度版」)。

amazonで購入する
楽天で購入する

種類:問題集
おすすめ度:★★★★
管理人感想:試験によく出る項目を3段階で表示し わかりやすくまとめています。5年分計10回の過去問を分析した模擬試験問題が2回分収録されています。

amazonで購入する
楽天で購入する

種類:問題集
おすすめ度:★★★
管理人感想: 問題集というよりは 解説&参考書に若干問題が付いてる程度ですね。 問題集としてはちょっと物足りないかもしれません。問題量至上主義の管理人は辛い点数をつけていますが(笑)、見やすくまとまっており、ネットでの評判も上々なので一度「アマゾンの中身検索」で内容を確認してみましょう。

amazonで購入する
楽天で購入する

こちらもおすすめ!

「お勉強モード」だけでは、色彩を学ぶ楽しさをついつい忘れてしまいがち!

そこで受験勉強の合間に読むと モチベーションアップに繋がるような書籍を紹介します。

管理人感想:「色彩についてちょっと興味があるんだけど いきなり検定は・・・」という方におすすめなのがこちらの本。 色彩学の基礎的な知識から身の回りのカラー雑学、そして具体的な商品パッケージの配色までを、とにかく幅広く解説したまさに「色彩の教科書」。 管理人の読後レビューもありますので、そちらも参考にどうぞ

amazonで購入する
楽天で購入する

管理人感想:「色は人の心に影響を与えるのか?」その根本的な問題について研究する色彩心理学の解説書。 1章が割かれた「色彩で心を癒す方法」など、興味深い内容が多数収録されています。

amazonで購入する
楽天で購入する

管理人感想:当ブログを訪れる方の多くは、何がしかの「配色」に悩んでいる方が多いようです。こうした実践的な配色見本本を1冊手元に置いておくと、イザという時に役にたちますよ。

amazonで購入する
楽天で購入する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です