公式テキストの改定(2020年改定)について:新旧版を比較してみた【簡易版】

テキスト改訂2020:イメージ

こんにちは、1級 色彩コーディネーターの石川です(@shikisai_online)。

この記事では、色彩検定 2020年改定版の公式テキスト(新テキスト)に関する概要を紹介しつつ、新版と旧版の内容違いなどを検証しています。

注意

この記事はnoteで公開中の「色彩検定:公式テキストの改定(2020年改定)について:新旧版を比較してみた」の簡易版になります。こちらの記事では比較表など一部を限定公開とさせて頂いております。

公式テキストの改定について

テキスト改訂2020:イメージ

色彩検定では 2020年から1~3級の公式テキストが新しくリニューアル(改定)されました。※UC級は変更なし

前回の改定が2009年だったので、実に10年ぶりの改定ということになります。

色彩検定では、基本的に「公式テキストの内容=試験範囲」となるため、2020年度からは、各級の試験範囲・内容が これまでと異なることになります。

これから 独学受験を考えている皆さんは、必ず新テキスト(2020年改定版)を購入するように注意しましょう。

注意

実際にテキストが発売されたのは2019年末になりますが、対応試験の開始時期に合わせて、当ブログでは新テキストを「2020年改訂版」と呼んでいます。また、これまで使用されてきた旧テキストを「2009年改訂版」と呼びます。

新テキスト(2020年改訂版)

公式テキスト(2020年改定)

こちらが 新テキスト(2020年改訂版)です。表紙に大きくAFTのロゴがあしらわれています。

2020年度夏期試験(6月実施)より、このテキストの内容が出題されます。これからテキストを購入する方は、必ずこちらを購入しましょう。

MEMO

UC級は2018年開始の新しい級なので、今回は改定されていません。従来のテキストがそのまま使用できます。

旧テキスト(2009年改訂版)

公式テキスト(2009改定)

こちらが、旧テキスト(2009年改訂版)です。表紙の水玉模様が特徴です。

過去に発行されたものの中には、左上の色彩検定協会ロゴが古いバージョン(三角形のもの)もありますが、中身は同じものです。

2.3級の場合は 2020年度夏期(6月実施)まで、 1.2.3級とも 2020年度冬期(11月実施)まで、このテキストで対応可能です。

管理人より
【2020.07追記】従来2.3級の旧テキストは「2020年夏季検定まで対応」となっていました。しかし 新型コロナウイルスの影響で夏季検定が中止になったことを受け、2.3級についても「2020年度冬期検定まで 旧公式テキストでも対応可能」と変更されました。
試験の経過措置

いきなりテキスト(試験範囲)が切り替わってしまうと、過去に旧テキスト(2009年改訂版)を購入し、試験を目指していた受験生に不利になってしまいます。

そこで、色彩検定協会では 以下の試験までは、旧テキスト(2009年改訂版)でも受験が可能なように、経過措置を講じています。

  • 2.3級:2020年度 夏期検定(6月実施)まで対応可
  • 1.2.3級:2020年度 冬期検定(11月実施)まで対応可

これにより、2020年度の冬期試験に関しては、新旧いずれのテキストで学習しても不利にならない出題が行なわれます。

具体的には、新テキストのみ、もしくは旧テキストのみにしか記載がない項目については、出題が見送られるものと思われます(予想)。

2021年度以降は、完全に新テキスト(2020年改訂版)に沿った形で出題が行われます。

新旧テキストの項目を比較

「新テキスト(2020年改訂版)」と「旧テキスト(2009年改訂版)」の内容を比較し 表を作成してみました。

表は 各テキストの目次をもとに、各章項目と 主要内容を一覧にしたものです。

旧版の内容が、新版で別項目に統合されている例もあり、項目の増減がそのまま内容の増減を表わすわけではありませんので ご注意ください。

簡易版では非表示です 新旧テキストの比較表はnoteで公開中の「完全版」でご覧ください。 こちらでは一部だけ公開しております。

色彩検定:公式テキストの改定(2020年改定)について:新旧版を比較してみた【完全版】|note

この記事では、色彩検定 2020年改定版の公式テキスト(新テキスト)に関する概要を紹介しつつ、新版と旧版の内容違いなどを検証しています。

3級テキストの比較表 ※一部

LINK 上図は新旧テキスト比較表の一部になります。表の全体はnoteにて公開中の「完全版」をご覧ください

2級テキストの比較表 ※一部

LINK 上図は新旧テキスト比較表の一部になります。表の全体はnoteにて公開中の「完全版」をご覧ください

1級テキストの比較表 ※一部

LINK 上図は新旧テキスト比較表の一部になります。表の全体はnoteにて公開中の「完全版」をご覧ください

管理人の感想

テキストの入ってきた箱

以上の内容をうけて、管理人・石川は ザックリと以下のような印象を受けました。

簡易版では非表示です 管理人の感想は noteに掲載中の「完全版」で読むことができます。

色彩検定:公式テキストの改定(2020年改定)について:新旧版を比較してみた【完全版】|note

この記事では、色彩検定 2020年改定版の公式テキスト(新テキスト)に関する概要を紹介しつつ、新版と旧版の内容違いなどを検証しています。

まとめ

というわけで、色彩検定 2020年版公式テキストの改定に関する概要と、新版と旧版の内容を比較してみた結果のまとめでした。

3級テキストを購入する
created by Rinker
¥2,420 (2020/10/26 03:05:52時点 Amazon調べ-詳細)

2級テキストを購入する

created by Rinker
¥2,970 (2020/10/25 23:12:05時点 Amazon調べ-詳細)

1級テキストを購入する

created by Rinker
¥4,070 (2020/10/25 20:24:34時点 Amazon調べ-詳細)

関連する記事

前回の改定(2005年改定から2009年改定への変更)の際にも同じような比較記事を書いていました。 既に長い時間が経過しているため現在の受験生の方には全く関係がありませんが、当ブログの資料としてそのまま保存しています。

テキスト(2009年改定)

【過去資料】公式テキストの改定(2009年改定)について

2015/09/06
当ブログおすすめの色彩検定 通信講座
種類:通信講座
備考:こちらはヒューマンアカデミーの「通信講座」。DVD講義なので空いた時間に学習が可能! 2.3級に対応しています。

種類:通信講座
備考:こちらは日本パーソナルカラリスト協会が主催する パーソナルカラリスト検定の対策講座です。色彩検定の講座ではありませんが、関連情報として紹介しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です