「公的資格」とは? 資格に関する基礎知識

こんにちは、1級 色彩コーディネーターのイシカワです。

色彩検定とは?」のページでも少し触れたように、色彩検定は資格・検定の分野において、いわゆる「公的資格」と呼ばれるものに区分されます。

しかし、この「公的資格」ってどのような資格のことなんでしょうか?

サイトの趣旨から外れますが、大事なところなのでちょっと解説しておきましょう。

資格は大別すると3種類!

一般に「資格」といった場合には大別して以下の3種類があります。
 

国家資格 法律に基づいて国や、国から委託を受けた機関が実施するもの(例:医師・弁護士・教育職員・自動車免許など
公的資格 主に省庁が認定した審査基準を基に 民間団体や公益法人が試験を実施するもの(例:日商簿記検定、英検(実用英語技能検定)、色彩検定 など
民間資格 民間団体や企業が 独自の審査基準を設けて任意で与える資格(例:TOEIC、漫画能力検定、映画検定 など

 

国家資格

国家資格とは、法律に基づいて国や、国から委託を受けた機関が実施するもののことです。

一口に国家資格といっても、多くの種類があり一概には言えませんが、簡単に言えば「一般人には禁止されている行為に関して、国家が与える免許(ライセンス)」といった意味合いのものです。

例えば、お医者さんになりたいからといって、勝手に自分で病院を開設し、診療や手術を行ったりすることはできません。

自動車の免許もそうですね。無免許で運転すれば逮捕されてしまいます。

業務遂行のために資格取得が必要とされるもの(業務独占資格)や、特定の名称を名乗ることが許されるもの(名称独占資格・例:中小企業診断士など)などがあり、一般的に「資格」といってイメージされるものは、この国家資格だったりします。

公的資格

公的資格とは、当該分野における受験者の実力を、主催者が認定する性質のものです。

国家資格と民間資格の中間に位置付けられる資格で、主に省庁が認定した審査基準を基に、民間団体や公益法人が試験を実施してます。

代表的なものは、英検(実用英語技能検定)や、日商簿記検定といったもので、色彩検定もここに入ります。

注意が必要なのは、国家資格のように資格取得が「業務独占」や「名称独占」に繋がるような種類のものではない、ということです。

例えば、英検1級を持っていないと通訳になれない・・・ってなことはありませんが、持っていることは、職に就く場合に有利にはたらくでしょう。

公的資格は、いわば「この分野に関して、合格者はこの程度の知識を持っていますよ」という、主催者による「お墨付き」「格付け」のようなものです。いわば「折り紙付」ということですね。

公的資格にはライセンス的な意味合いはありませんが、信用度や知名度の高い資格が数多くあり、国家試験に準ずる資格として、当該分野に関して一定レベルにあることが認定されるので、就職・転職の際に有利に働くといわれています。 

民間資格

民間資格は、民間団体や企業が、独自の審査基準を設けて任意で与える資格のことを指します。

TOEIC、TOEFL、など国際的にも広く知られたものから、商品宣伝の一環として行われるようなマイナーなものまで、多様な種類が特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

色彩検定1級を独学で取得。同時に「1級 色彩コーディネーター」としての活動を開始。本職は映像系クリエイターです。 受験時の体験をもとに、色彩検定の独学情報ブログ「色彩検定ONLINE」を開設しました。趣味は 色彩検定の出題傾向を分析すること。