色彩検定で使用するカラーカード(新配色カード199a)について

こんにちは、1級 色彩コーディネーターのイシカワです。

この記事では、色彩検定受験勉強のお供に最適なアイテム「新配色カード199a」について紹介しています。

はじめに

色彩検定では、配色などの演習用に新配色カード199a(以下、カラーカード)を併用することが推奨されています。

g006_pict1_card

実際、公式テキストの配色を扱うページなどは、カラーカードを切り貼りすることでより理解が深められるような構成になっていますし、また特に1級2次試験では、実技として解答欄にカラーカードの切り貼りをする必要があるため、1級受験を考えている方は早い段階でカードの特徴や扱いやに慣れておく必要があります。

君はカラーカードを知っているか!?

さて、管理人の1級受験時、カラーカードに関して知りたくてもなかなか知ることのできなかった情報があります。それは・・・

2次試験当日に配布されるカラーカードには 裏に色記号が印刷されているのかどうか?

これは ものすごく重要なことなんですね。

だって、印刷されていなかったらsf6だのdp10だのといったカードを見分ける訓練もしなければいけないわけですから・・・

image_card001

ネットでこの辺の情報を探したんですが、探し方が悪いのかなかなか見つけられずにいてですね。

1週間以上探し回って、ようやくどなたかのブログに記述があるのを発見したわけです。

「いやー、よかったー!」と思うと同時に「なぜこんなにも1級の情報が少ないんだろう・・・」という事を痛感いたしまして、まあそれがこのブログ(色彩検定オンライン)を立ち上げる動機になったわけですが、そんな心温まるエピソードはおいといて(笑)、以下にカラーカードの特徴を紹介してみます。

また、市販のカラーカードと2次試験当日に配布されるカラーカードの相違点もまとめてみました。

新配色カード199aとは?

カラーカード、カラーカードと呼んでいますが、色彩検定受検で使用されるものは、正式には「新配色カード199a」と呼ばれるものです。

PCCSのトーン別、色相系統に実用的な色をプラスした199色のカードで日本色研事業(株)によって制作されています。

シリーズとして、199a. 199b. 199cなどがありますが、このa.b.cの違いはカードの大きさの違いになります。

色彩検定テキスト2.3級、及び1級2次試験で使用するのは199aという(サイズの)ものになりますので購入時には注意しましょう。

新配色カード199a

新配色カード199aの特徴

カードはPCCSのトーンごとに 色相順でまとめられていますが、以下の3点で注意が必要です。

各トーンとも24色相中の偶数番号にあたる12色相のカードだけで構成されている(ただしVトーンのみ24色相あり)

sトーンのカードは含まれていない

p&ltトーンは+記号付のものが採用されている(※1)
※1:PCCSでは、ltとpは、それぞれ2つの代表色が選ばれており、これらを区別するため高彩度側の代表色には+(プラス)の記号がつけられています。つまり正確にはペールトーンにはpとp+があり、そのうちp+の方だけがカラーカードになっている(lt、lt+も同様)ということ(pとltのプラス記号はつけるべきか?)

カードの仕様

カードのオモテ面

カードは表紙から以下の順番で並んでいます。

カードの特色 カードの説明とPCCS-マンセル変換値などが記載されている
(※2次試験で配布されるカードには付いていない)
v [24色相] v1. v2. v3 ~ v23. v24
dp [12色相] dp2. dp4. dp6 ~ dp24
dk [12色相] dk2. dk4. dk6 ~ dk24
p+ [12色相] p2+. p4+. p6+ ~ p24+
lt+ [12色相] lt2+. lt4+. lt6+ ~ lt24+
b [12色相] b2. b4. b6 ~ b24
sf [12色相] sf2. sf4. sf6 ~ sf24
d [12色相] d2. d4. d6 ~ d24
ltg [12色相] ltg2. ltg4. ltg6 ~ ltg24
g [12色相] g2. g4. g6 ~ g24
dkg [12色相] dkg2. dkg4. dkg6 ~ dkg24
Neutral
無彩色
17段階(w,Gy9.0~Gy2.0,Bk)
ピンク系
[PI]
※1級2次では使用しない
ブラウン系
[BR]
※1級2次では使用しない
オフニュートラル系
[off N]
※1級2次では使用しない

カードのウラ面

カード裏面にはPCCS色記号が記載されています。また5mm間隔にドットが打たれています。

g006_pict3_ura

1級2次試験で配布されるカラーカード

1級2次試験では試験会場にて実技用のカラーカードが配布されます。

実技解答はこのカードを使用して切り貼りして行うわけですが市販のカードとどこが違うのでしょうか?

相違点:試験時に配布されるものには”カードの特色を説明した部分”がない

市販のカードと異なる点はただ一つ「カード始めの特色説明部分」(マンセルとPCCSの対応値などが印刷された薄手の白い紙部分)があるかないかだけになります。

カード裏の色記号もちゃんと記載されています。

g006_pict2_hikaku

上図の左は、実際に管理人が1級2次を受験した際に配布されたカードの現物です(カードは持ち帰れます)。カードにところどころ短い部分があるのは、管理人が試験時に切り取ったためです。 

受験勉強にカラーカード(新配色カード199a)は必要?

1級受験者は必須ですが、2.3級受験者は「お金に余裕があったら」でいいと当サイトは考えています。

ただし、買うと受験勉強のモチベーションがグンっとUPします(これはホント)。

なので、ちょっと集中力が切れてきたな・・・と感じたときにカンフル剤として購入するのもいいかも(笑)。

慣用色を暗記するのに別途単語帳とか買うぐらいだったら、カラーカードの裏に「藍色」「カーマイン」とか記載しておくってのも手ですね。

因みに、管理人の場合は外出用と室内用と2個購入して、普段から外出用を持ち歩いていました。

どこで購入できるの?

さて、この新配色カード。どこに行けば手に入るのでしょうか?

いざ手に入れようと思い立っても「さてどこへ行ったらいいもんか・・・」意外と頭を悩ますかもしれません。

新配色カードは一般的に、画材屋さんや文房具店などで扱いがあるようです。

また、大手の書店などでは、色彩検定コーナーに公式テキストなどと一緒に陳列されていたりもします。

近所にそうしたお店が無い方はアマゾンなどのネット通販でも購入できます。

2 件のコメント

  • カードのトーンの並び順
    大事なdkトーンが抜けてますよー
    ちなみにdpとp+の間ですー

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です