色彩検定とは? 試験勉強を始める前に知っておきたい基礎知識

こんにちは、1級 色彩コーディネーターのイシカワです。

この記事では、色彩検定の独学受験を考えている方々に向けて、試験の大まかな概要を紹介しています。

"色彩検定"ってどんな検定?

色彩検定とは、その名のとおり「色彩に関する幅広い知識や技能を問う検定試験」です。

試験勉強を通じて 色彩が人間や社会環境に与える効果、配色理論などを学ぶことができます。

国内カラー系検定で抜群の知名度!

第1回の検定が実施されたのは 1990年。

以後 現在まで 30年近くに渡って 毎年2回(6月と11月)実施されています。

現在、日本国内には 多数の色彩・カラー系の検定が存在しますが、その中でも この色彩検定は、歴史と実施規模の面において 抜群の知名度を誇っています。

様々な職種に求められる色彩知識が学べる!

検定を実施しているのは「色彩検定協会」という団体ですが、以前の名称を「全国服飾教育者連合会(A・F・T)」といいました。

この旧名称からもわかるとおり、実は 色彩検定はもともと アパレル業界における店員さんたちの色彩スキル向上を目指して開始されたものでした。

しかし、歴史を重ねていくうえで 様々な分野で必要とされる色彩知識を総合的に学べる形に変化し、2006年度からは 文部科学省後援の「技能検定」となりました。

現在では 服飾分野に限らず、工業製品・インテリア・照明・環境設計など幅広い分野における色彩の知識が検定の対象になっています。

そのため 色彩検定で学んだ知識は、幅広い分野・職種で活用することができます。

具体的な試験の概要は?

色彩検定には1~3級までの3つのレベルがあり、中でも最高峰の1級はかなりの難関となっています。

それぞれの実施時期などは以下のとおりです。

2.3級は年に2回、6月と11月に実施されます。6月の試験は「夏期検定」、11月の試験は「冬期検定」と呼ばれ2.3級とも同じ日に行われます。

1級1次試験は年に一度11月(冬期検定)のみの実施で、2.3級と同日に行われます。

受験資格

試験資格は特に定められていません。

年齢・性別などにかかわらず、誰でも受験することが可能です。

飛び級も認められているので、いきなり1級から受験することも可能です。

合格ライン

色彩検定 公式ページによると 合格ラインは「各級満点の70%前後」の正答率ということになっています。

大学受験などのように「上位○○名」といった選抜方法ではありません。

ただし、各回の出題難易度によって「70%」という数値には変動があり、毎回 色彩検定協会側で調整が行われます(おおよそ±3~4%程度)。ですから「合格ライン70%前後」はあくまで目安と考えておきましょう。

ちなみに、過去には 合格ラインが78%前後あたりにまで高まった例もあります(※2013年冬季1級2次など)。

受験者側の心構えとしては「80%以上の獲得」を目指しましょう(※過去の合格ラインはコチラの記事で紹介しています)。

試験の内容

試験の内容は、大まかにいうと以下のような感じです。

  • 3級「色彩学の基礎的な知識を学ぶ入門編」

  • 2級「3級範囲を深化させ詳細に学ぶ発展編」

  • 1級「2.3級範囲に加えて 色彩の専門的な知識&技能が必要とされる専門編」

特に1級に関しては、1次(筆記)、2次(実技)の2段階で試験が行われるなど 狭き門となっています。

検定料

1級 15000円
(1次-2次含む*1次免除者も同じ)
2級 10000円
3級 7000円
*1次試験合格者は2次試験で不合格になった場合でも その後2年間(2回)1次試験が免除されます(1級1次試験免除システム)。

2級からチャレンジしてみよう!

色彩検定では飛び級が認められているため、何級からでも受験が可能です。

当サイトでは、色彩検定受験に関して、2級からのチャレンジをお奨めしています。

2級範囲は、3級範囲の深化・専門化という扱いになっていますので、両級を同時に勉強したほうが効率的です。

管理人は予算の都合もあったので、併願ではなく2級単独受験にしましたが、不安な方は併願にしてみましょう。

色彩検定の受験にかかるコストは? 管理人の受験費用総額を大公開!

2015.04.06

検定試験に合格すると?

各級合格者には、合格証書&資格証(○級 色彩コーディネーター資格証)が交付されます。

b001pict2_card

つまり 色彩検定に合格すると、色彩検定協会 認定の「○級 色彩コーディネーター」を名乗ることができるようになるわけです。

ただし、これは国家資格のように「名称を独占的に名乗ることができる」といった性質のものではありませんし、また、医師や弁護士のように、その試験に合格しないと就けない職種がある(業務独占資格)というものでもありません。

色彩検定は「公的資格」

しかし、英検(実用英語技能検定)などと同じ公的資格に属する色彩検定は、社会的認知度や信頼度が高いため就職や転職などの際に大きな意味を持つといわれています(公的資格とは?)。

「公的資格」とは? 資格に関する基礎知識

2015.04.06

近年では、多くの職種で色彩に関するセンス・技能が求められており、そうした時代のニーズに対応するためにも色彩検定取得の重要性は年々大きくなっているといえるでしょう。

色彩検定のメリットは?合格証が社会で役立つ3つの理由!

2015.04.06

独学でも合格できる?

色彩検定は独学だけで合格できますか? そんな質問をよく頂きます。

私はそんな時「少なくとも2.3級までは 独学でも十分に合格可能だと思いますよ」とお答えしています(もちろん 本人の努力次第ではありますが) 。

しかし「独学可能=簡単に合格できる」ということではありません。

独学受験が不安な方は、スクール・通信講座も検討してみましょう。

以下は、当ブログでも人気の色彩検定対策講座です。


種類:通信講座
備考:こちらはヒューマンアカデミーの「通信講座」。DVD講義なので空いた時間に学習が可能! 2.3級に対応しています。


種類:通信講座
備考:こちらはフォーサイトの「通信講座」。リーズナブルな価格が魅力で、2.3級に対応しています。




種類:通信講座
備考:テレビでもおなじみの通信講座のユーキャンです。(注意:ユーキャンの講座は 色彩検定の講座ではなく(社)日本パーソナルカラリスト協会が主催する パーソナルカラリスト検定2・3級への対応となります。関連情報として掲載いたします。


種類:通学講座
備考:ご存知、全国展開するスクール大手。大手ゆえの安心感が魅力。2級、1級、1級2次直前対策講座あり。

講座の具体的な学習内容や 総合的な金額は 独学をする上での貴重な参考資料にもなります。

「スクールの流儀を真似る」というのも、重要な独学処方だと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です