色彩検定 2.3級の出題傾向と対策【2020年版】

2.3級テキスト(2020年版)と猫

こんにちは、1級 色彩コーディネーターの石川です(@shikisai_online)。

この記事では色彩検定2.3級の出題傾向とその対策を紹介しています。

「2.3級」の試験概要

2.3級の試験は、同じ日に時間をずらして行われます。

公式テキスト改定にともなう注意点

色彩検定では 2020年に公式テキストが改定されました。その関係で2020年度の試験に関しては やや変則的な出題となることが予測されます。

関連記事 詳しくは「公式テキストの改定(2020年度改定)について」の記事をお読みください。

テキスト改訂2020:イメージ

公式テキストの改定(2020年改定)について:新旧版を比較してみた【簡易版】

2020/02/19

「2.3級」の出題傾向と対策

2.3級テキスト(2020年版)と猫

色彩検定の2.3級の出題傾向として大きく以下の4つのポイントを抑えておきましょう。

【1】試験範囲 = 公式テキスト

各級に共通して言えることですが、試験の出題範囲は「公式テキストに書かれていること全て」ということになります。

そして実際、試験問題は 公式テキストからほぼ全般的に満遍なく出題されます。

created by Rinker
¥3,800 (2020/12/02 03:13:19時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,180 (2020/12/02 11:32:53時点 Amazon調べ-詳細)

これはつまり 特定箇所にヤマをかけても意味が無いということでもあります。

間違えていいのは「2割」まで

色彩検定協会では、合格ラインを「各級満点の70%前後。問題の難易度により多少変動」としています。

これは、逆の見方をすれば「間違えていいのは2割程度まで」という意味。

なので「やまをかけてファッション分野を重点的に勉強しよう・・・」といったようなことをしても意味がありません。

どれか一分野に多くの時間を割くよりも、全体に対して均等に勉強時間を配分しましょう。

【2】 合否は「慣用色問題」が左右する!

応援:イメージ

2.3級の試験において合否の鍵を握るのが「慣用色名」を問う問題です。

  • 【慣用色問題とは】カラー図版を提示されその色名を答える(またはその逆)、色名の由来とカラー図版を一致させるなど、色(慣用色)と図版との対応を問う問題のこと。

慣用色の問題は基本的に「暗記」以外に対策の仕様が無いものですから、特殊な暗記法を体得しているのでない限り、一朝一夕に攻略できるものではありません。

時間をかけてコツコツと繰り返し覚えるしかないわけです。

実は、費やす時間に対して、実際の出題数はそれほどでも無いのですが、といってここでのミスは、全体の点数に大きく響いてしまうのも事実。

なんだか厄介なシロモノなのです。

そこで対策として、慣用色名問題に関しては他の勉強とは別個に考え、並行してスケジュールを組みましょう(参考:色彩検定 2.3級のおすすめ勉強法!)。

テキスト2.3級

色彩検定 2.3級のおすすめ勉強法【2020年版】

2015/05/03

【3】2級の記述問題を侮るな!

2.3級とも、基本的には4択のマークシート方式で行われますが、2級の場合はさらに3.4問程度の記述問題が出題されます。

配点的にも高めに割り振られるこの記述問題を甘くみてはいけません。

というのも、記述問題のポイントは、色彩知識であると同時に「漢字能力」の問題であったりもするからです。

管理人が受験した際には「色彩恒常」を答えとする記述問題が出題されました。

「コウジョウ」の「コウ」ってどんな字だっけ!? 

後悔:イメージ

質問の答えは分かっているのに漢字が分からない!

試験会場で、漫画のように頭をかきむしった経験も今はいい思い出です。

重要と思われる単語は、実際に書き取ってみるなどの対応をしておきましょう!

【4】図版は確実に出ると思え!

驚き:イメージ

公式テキストの図版・写真は結構適当に読み飛ばしたりしてしまうものです。

しかし、実際の試験では ほぼ毎回、公式テキストに掲載された図版・写真に因んだ問題が出題されます。

公式テキストに掲載されたものがそのまま出るのですから、これはいわばボーナス問題と考えてもいいと思います。

図版・写真にもキチンと目を通しておきましょう。

「2.3級」の勉強期間はどのくらい必要?

スケジュール

色彩検定に合格するためにはどのくらいの勉強期間が必要でしょうか?

色彩検定関連のブログなどを見ていますと、中には「1週間の勉強で合格しました」とか「3日間の勉強で合格しました!」なんて方もいらっしゃるようです。

ただ、それらを見て「色彩検定ってのは1週間程度の勉強で取れちゃうもんなのか!」と勘違いしてしまってはいけません。

要するに 「世の中、1週間程度の勉強で合格するくらい飲み込みの良い人もいる」というだけのことです。

誰もが同じようにできるわけではありませんし、ましてや 色彩検定の難易度とは何も関係がありません。

勉強期間は「最低でも2ヶ月」を目安に!

当ブログでは、2級合格を目標とした場合、1日30分~1時間程度の勉強を「最低でも2ヶ月程度の期間行うべき」と考えています。

といっても、もちろんこれもあくまで参考値です。

各自の能力・勉強に裂ける時間を考慮して、早め早めの準備を心がけましょう(参考:2.3級のおすすめ勉強法!)。

テキスト2.3級

色彩検定 2.3級のおすすめ勉強法【2020年版】

2015/05/03

まとめ

というわけで、色彩検定 2.3級の出題傾向と対策をまとめてみました。

公式テキスト改定にともなう注意点

色彩検定では 2020年に公式テキストが改定されました。その関係で2020年度の試験に関しては やや変則的な出題となることが予測されます。

関連記事詳しくは「公式テキストの改定(2020年度改定)について」の記事をお読みください。

テキスト改訂2020:イメージ

公式テキストの改定(2020年改定)について:新旧版を比較してみた【簡易版】

2020/02/19

関連記事

2.3級のおすすめ問題集・参考書はこちらの記事をお読みください。

書店の色彩検定コーナー31

色彩検定・独学受験におすすめの2.3級問題集&参考書【2020年版】

2015/05/04

1級の出題傾向と対策法はこちらの記事をお読みください。

1級テキスト(2020年改定)と猫

色彩検定1級(1次・2次)の出題傾向と対策【2020年版】

2015/06/02
当ブログおすすめの色彩検定 通信講座
種類:通信講座
備考:こちらはヒューマンアカデミーの「通信講座」。DVD講義なので空いた時間に学習が可能! 2.3級に対応しています。

種類:通信講座
備考:こちらは日本パーソナルカラリスト協会が主催する パーソナルカラリスト検定の対策講座です。色彩検定の講座ではありませんが、関連情報として紹介しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です